目の下のたるみを改善したい場合|夢のような美顔

目元のたるみの原因と対策

スキンケア

有効なたるみ治療

目の下のたるみは加齢によってコラーゲンが減少したり、筋肉が衰えて脂肪を支えきれなくなり、下垂してしまうことで出来ます。目の下のたるみを改善する手術としてオーソドックスなのが脱脂法です。脱脂法は目の下にできた脂肪のふくらみを取り除く手術です。下瞼のまつげの中を少しだけ切開し、そこから脂肪を除去します。まつげの中の粘膜を切開するので傷あとが目立つことがなく、ダウンタイムも短いのが特徴です。レーザー治療によってたるみを解消することもできます。レーザー治療は目の下のクマや色素沈着に有効です。目の下が黒ずんでいると、それが影のようになってたるみに見えることがあります。レーザー治療で黒ずみが消えればたるみも解消されます。

自分で出来る予防

目の下のたるみには、皮膚のたるみや脂肪のふくらみ、黒クマや赤クマや茶クマなどがあります。顔の形状は人によって違うので、生まれつきたるみが出来やすい顔立ちの人もいれば、たるみができにくい顔立ちの人もいます。基本的にたるみができる原因には、「真皮のコラーゲンの低下」「筋力の低下」「乾燥」「紫外線」「摩擦」などがあります。加齢によるコラーゲンの低下や筋力の低下は防げませんが、乾燥や紫外線や摩擦は自分で防ぐことができます。目元の皮膚は皮脂分泌が少ないので、他の部位よりも多めに保湿をする必要があります。しかし、美容オイルやクリームを強い力でぐりぐり塗りこむと、それが刺激になって目の下のたるみに繋がるので注意が必要です。